余命3ヶ月の宣告から4ヶ月

2004年(平成16年)7月下旬
私の肝臓がん末期による余命3ヶ月の宣告を受けてから約4ヶ月が過ぎていました。


当時の私の体調は、脱水症状を起こし、入退院を繰り返してはいたものの
肝臓癌によるものでは無さそうでしたので、
自分の癌の進行がどうなっているのかとても気になっていた時期でもありました。


 

ちょうどそんな頃でした・・・。

またもや胆汁が止まってしまったのです。


『またチューブが詰まってしまったのか?』と思うと同時に
またあの厄介なチューブ交換をしなければならないのかと大きな不安に駆られていました。


しかし、胆汁が止まってしばらく様子を見ていると、
明らかに『前回』とは違っていました。


お腹に『張り』を感じません。お腹が張って来ないのです。。。


『今回こそもしかしたら、胆管が元に戻って来たのでは?!』

私はそんな期待を抱いていました。。。


 

30分、1時間と様子を見ていましたが
胆汁も出て来なければお腹も張って来ません。


私は妻に話しをして、とにかく病院へ行って診てもらおうと
急いで支度をし、病院へと向かいました。


入退院を繰り返していると受付の方と顔なじみになり、多少のわがままも聞いてもらえますが
『病院で顔が効く』と言うのもちょっと考えものかも知れません。。。


私はすぐに救急治療室に案内されました。

しばらく待つと主治医が来て一通りの処置をしてから私に言いました。


「笹野さん、一度入院してもらってCT検査で肝臓の様子を診てみましょう。」


私は『また入院かぁ・・・』と思いながらも、肝臓がんの進行具合が
気になっていたので「はい。」と伝え、入院の手続きを進めました。


外で待つ妻に入院の事を伝えましたが
妻も今回の入院はいつもの(?)、脱水症状の時とは大きく違うので
特に大きな心配もしていないようでした。


『今、私の肝臓がんの進行はどうなっているのだろうか・・・。』


しばらくとても気になっていた事だけに、早く知りたいと思いました。


 

その後妻は私の入院に必要なものを取りに家に帰り、私はそのまま入院となりました。

『顔が効いた』のか否かは分かりませんが、
今回は窓際のベッドを用意してくれ、嬉しい気持ちで外を眺めていました。


妻はすぐに『入院グッズ一式』を持ってきてくれました。

何度も入退院を繰り返していると、一式用意が整っていました。。。



 

 




 

 

サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ