体調安定せず長期入院に

私の体調はなかなか安定しませんでした。

一時期はトイレにすら行く気力が無く、
あんなに嫌がっていた尿瓶(シビン)で用を足す事も多くありました。


この時期程、気力も体力も無くなっていた時期は無かったと思います。

その位、辛い辛い時期でした。


このブログでも何度かお話ししていたように、
私は入退院を何度も繰り返していましたが、
通常(?)は、2,3日もすれば、どんな状況であれ、
タバコを吸いに行ける程には回復するのに、この時だけはそれすらありませんでした。


 

『もしかしたら・・・、【癌の進行】のせいなのか?!』と悪い方向に考えてしまいました。


 

話しは戻り、私は救急治療室から、一般病室に移動しました。

この時は、私の体調が優れなかったため、ベッドに寝たまま移動してもらいました。


大きな救いとなったのが、『窓際』のベッドだった事でした。

病室が空くまで長く救急治療室で、気分的にも辛かったため
久し振りの開放感を味わい、大きな気分転換となりました。


窓からはいつもと同じみかぼ山が見えていました。

病室から見えるみかぼ山|肝臓がん末期闘病記
私は妻に電話をして病室を移った事を伝えました。



 

ちなみにこの時の入院は結局【約3ヶ月】にもなり、
私の中では一番長い入院となってしまいました。


多くの看護師さん達と顔見知りになっていました。


この時期、ある看護師さんにこんな事を言われた事がありました。

私がタバコを吸いに喫煙所に行くため廊下を歩いていると、
良く話しをする看護師さんが心配そうな顔をして
「大丈夫?」と声をかけていました。


私はちょっと前までの具合の悪さも治まっていたので
「大丈夫ですよ。ありがとう。」と言いました。


「それなら良かった。元気になってくれて本当に良かった。
この間、笹野さんが調子悪そうにトイレに行く姿を見たのですけれど
あまりにも調子が悪そうでかわいそうで声をかける事も出来なかったんです。」


傍から見ていても私の調子は相当悪く思えたようです。

まして私は当時、肝臓がんの末期患者です。

そんな調子の悪そうな私を見れば誰もが『癌が進行してしまったのかな。。。』
と思う事と思います。


 

私はその看護師さんに、癌の進行と言うよりは生食水の副作用との話しをし、
看護師さんも「そうなんだぁ、とにかく無理はしないでね。」
と気遣ってくれました。



 

 




 

サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ