リザーバー除去手術

当時、私の身体には『リザーバー』と言うものが埋め込まれていました。

肝臓にあった腫瘍に直接抗がん剤を注入するためのもので
太鼓のような形から別名『タイコ』とも呼ばれていました。


私のリザーバーは一番最初の入院直後に手術によって埋め込まれていましたが
私の身体は抗がん剤では手に負えない程、癌が進行していたため、
そしてリザーバーを埋め込んだ直後に肝臓移植の話しなども出たため
結局一度も使用されることなく、半年以上も身体の中に入ったままの状態でした。


『今後も抗がん剤は絶対に使わないと自分自身で決めているのだから
いっそのこと、手術でリザーバーを取ってもらおう。』


と考えていました。
あともう一つ、『胆汁の処置を自分でやらせてもらおう。』
この事も考えていました。




体調も安定してきたある日、回診に来た主治医に聞いてみました。


「先生、質問があるのですけれど、
胆汁が詰まってしまった時の処置、看護師さんに教えてもらって自分で行う事は可能ですか?」


「大丈夫、出来ると思いますよ。
今度、胆汁が詰まった時、処置の方法を説明しますね。」


 

ヨシヨシ!大丈夫そうだ・・・。


 

私は『もう一つ』の質問も聞いてみました。

「それと先生、もう一つ聞きたい事があるんですけどね、
私のお腹の中にあるリザーバーの事なんです。
私はもう、何があっても、抗がん剤はしないと心に決めていますから
このリザーバー、手術で取ってもらいたいと思うのですが。。。」


「そうですか。手術で除去する事はもちろん可能です。
しかし、一度取ってしまうと二度と入れる事は出来ません。
その事だけは覚えておいて下さいね。
それでも良いなら取る事は可能です。」


そんな事では私に迷いは全くありませんでした。


「先生お願いします。
構いませんので取って下さい。」


 

それから数日後、リザーバーを取り除く手術日が来まりました。

私は早速妻にその事を伝えました。

リザーバー除去手術の『説明・同意確認書』|肝臓がん末期闘病記

■リザーバー除去手術の『説明・同意確認書』


妻も同じ考えでした。

私なりに考えて実践してきた、【食事】とその補助に【健康食品】、
その結果として10円玉大の肝臓がんが3つも消えてしまいました。

その【事実】がある以上、リスクが大きすぎる抗がん剤は
全く受けるつもりはありませんでした。

自分なりの【食事】と【健康食品】に自分の命を賭けると決めた以上、
この先、万が一の事があっても私も妻も後悔しないとこの段階で言い切れたし、
逆にこのまま続けて行けば、
最後の一番大きい腫瘍も消えてしまうのではとの考えの方が遥かに強く持っていました。


 

手術の前日、主治医から手術についての説明がありました。

「足の付け根の静脈を切って手術を行います。
もしその時、出血が酷いようでしたら輸血が必要になります。」


それを聞き、私は少なからず不安を抱きました。妻もです。

しかし、『乗り越えなければいけない一つの壁』と考え、
同意書にサインをしました。


 

その翌日、手術当日。

パジャマから手術着に着替え看護師さんに付き添われながら手術室へ。

緊張しながら自分の名札を見せ、間違いが無いかの確認を受けた後、
奥の手術室へと入って行きました。

看護師さんの指示で手術台へ上がり、主治医を待ちました。


そこへもう一人の外科の先生が入って来て
「今日の手術は電気メスを使うの?」 看護師さんに聞いていました。


「えっ?私には良く分かりません。」


「主治医が電気メスを使うと言っていました。」

私は事前説明で主治医から聞いていたので思わず言いました。


「それじゃあ、用意をしておいて。」


その先生は何事も無かったかのように、看護師さんに指示していましたが
私は行き当たりばったりのようで、また不安を抱いてしまいました。




その後しばらくすると主治医が来てスタッフに手術手順の説明を始めました。

いよいよ手術開始です。


この時の手術は局部麻酔だったので
先生達のやりとりが一部始終聞こえてしまい、
それはそれで良いような悪いような。。。


「電気メス。」

「はい。」


「これから始めます。」


 

しばらくすると、もう一人の先生が私の足の付け根あたりを
何かでしきりに拭いては捨て、拭いては捨てを繰り返しているのが分かりました。


事前説明で静脈を切って行う手術のため、
出血がひどくなると輸血が必要になると聞かされていました。


私は不安になり、どうか無事に終わって欲しいとしきりに願っていました。


 

手術中、主治医が何度も私に話しかけてくれました。

そんな私の不安が分かったのか、配慮を感じました。


 

そして、手術が終わりました。

約1時間半程でしたが、私にはもっと長く感じました。


無事に終わった事でホッとしたのと同時に、疲労感もありました。


 

手術後は2、3日間、絶対安静と主治医に指示されていました。

『動けない』と言う事が私にとって何よりの苦痛でした。

ベッドの上で仰向けのままほとんど身体を動かすことが出来ませんでした。

静脈の傷が完全に塞がるまで尿は管で排せつされていました。


 

その甲斐あってか、予定通り2,3日で尿の管が外されました。


それと共に、自由に動ける開放感に
私は口では上手く表現出来ない程の『快感』を感じていました。


 

この時のリザーバー除去手術の傷跡は今での残っています。。。



 

 




 

 

 

サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ