バルーン手術可否の検査当日

バルーン手術が出来るか否かの検査当日、
私は期待と不安が入り混じった気持ちで迎えました。


検査時間の少し前、妻も病室に来てくれました。

しばらくすると看護師さんが私を迎えに来てくれました。


1階の部屋に着くとスーツ姿の男性がひとり座っていました。

この方が立ち会う予定のメーカーの方だと思いました。

その後私の担当医が来て、やはりその方と話していました。


看護師さんの指示で、検査室に向かいます。

妻は「チューブが無事抜ける事を願っているね。」と励ましてくれました。


検査室には4人の人達が居ました。


モニター室から先生が出て来て言いました。

「笹野さん、検査を始めますね。まず最初に造影剤を注入します。」


造影剤が注入されるとすぐ、
私は全身がカーッと熱くなるのを感じました。


先生は造影剤を入れ終わるとモニター室へ戻り、
映像を見ながら何やら話し合っていました。


『どうか2か3でありますように。。。』


私は願って・・・、いや、祈っていました。


 

先生は私に数字で教えてくれる事になっていました。

1:手術不可能

2:手術可能

3:手術をしなくてもチューブ外せる(胆管が正常に戻ってる)


 

しばらくすると先生がモニター室から出て来ました。


「笹野さん、もう一度造影剤を入れて検査したいのですが。。。」


 

検査結果の報告を期待していただけに正直、拍子抜けではありましたが
先生にそう言われては『はい。』と言うしかありません。


「はい。わかりました。」


 

しかしこの一言が私の闘病生活を一気に悪い方向へ進めてしまいました。
でも一般素人にそんな事など分かるはずもありませんでした。



 

2度目の造影剤注入。私の身体はまた全身が熱くなりました。


そして先生はまたモニター室へ。


室内でメーカーの方と話し合った後、先生が来ました。

今度こそ『検査結果報告』と私は緊張すらしていました。


「笹野さん。」


「はい。。。」


「・・・、もう一回だけ造影剤を入れてみたいのですが。」


「・・・。」

 

「身体の方は大丈夫ですか。」


「はい。大丈夫です。」と言うしかありません。

 

そして【3度目】の造影剤注入。


またカーッと身体が熱くなりました。


 

しばらくして先生がモニター室から出て来ました。


『今度こそ・・・』私はドキドキしていました。


 

「笹野さん、『3』です。」
(3:手術をしなくてもチューブ外せる(胆管が正常に戻ってる) )


「3?! 3ですか?  ヤッター! 良かった!」


私は思わず声をあげてしまいました。


 

・・・と、次の瞬間、

「ゴメン、笹野さん間違えた・・・、3じゃなくて1だった。」


「エッ? 『1』?」
(1:手術不可能)


この時の気持ちは誰にもわかってもらえないと思います。


ここには書けない程の感情がこみ上げてきました。

 

こうして私は先生の言葉の間違えで天国から一瞬にして地獄へ突き落されてしまいました。




『そもそも何で先生はわざわざ【数字で伝える】なんて言ったのだろう・・・。』


今でもその理由は分かりません。


 

この時の落胆は酷いものでした。

身体の力がすっかり抜けてしまったようでした。



 

 

 




 

 

 

サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ