ガン克服後の『初仕事』

気になる検査結果までの1週間、私は毎日工場の片付けや整理をしていました。


肝硬変のせいなのか、この時はまだ数時間で疲れてしまっていたため
休み休み作業をしていました。


そんなある日、友人から電話がありました。

友人は何か困った様子でしたが、私の体調を気遣ってくれました。


「ありがとう。今はだいぶ良くなったんだ。
工場の片付けや整理をしているところだよ。」


「お願いがあってね・・・、
車の修理をどうしても頼みたいんだ。。。」


しかも急ぎの修理で2日間で仕上げて欲しいとの事でした。


話しを聞き、最初は体力的に無理と思い、断ろうと思いましたが
こんな私に電話をかけてくるくらいだから余程の事なのだろうと思い、
無理を承知で引き受ける事にしました。


とは言え、病み上がりの身・・・、
果たして本当に出来るのだろうかと、電話を切った後、不安になっていました。


修理をする車は翌朝に届けに来るとの事。


工場の中は、片付け・整理をしておいたおかげですぐにも使える状態になっていました。


修理期間はわずか2日間、私にとって約2年ぶりとなる仕事でした。


妻にも「とにかく無理だけはしないでね。」と言われました。


 

翌朝は最初からハプニングが起こりました。


予定の時間になっても修理をする車が来ませんでした。


時間だけが過ぎる中、友人から電話が入りました。


「車のオプション部品の取付けに手間取ってしまった。」と言う事でした。


昼頃になってようやく車が到着しました。


私は車を見てビックリしてしまいました。


2年間と言うブランクの上、車は高級車だったのでプレッシャーを感じてしまいました。


しかしそんな事を考えている暇はありません。
修理時間は翌日午後3時半頃までです。私は早速修理に取り掛かりました。


久し振りに手にする道具、懐かしさと不安の中、作業を始めました。


静かだった工場に2年前のように修理の音が響いていました。


夕方、妻が私の様子を見に来ました。


「体調はどう?何か手伝える事は無い?」


「ありがとう。大丈夫だよ。この作業が終われば今日は終わりにするから。」


結局この日は夜の8時半頃まで作業をしていました。


「明日は予定通り車を納められるよ。」


「良かったね。友人の方も喜んでくれるね。」妻も安心したようでした。

 

翌朝、塗装の準備から始めました。


塗装が最後の作業となるため失敗は出来ません。

この出来次第で、作業の良し悪しが決まると言っても過言ではない程、重要な工程です。


私は気を引き締め、スプレーガンを持ち、塗料を入れて吹き付けます。


2年ぶりの作業でしたが、身体が覚えていてくれて身体が自然に反応してくれました。


これも長年の慣れなのだろうと思います。


身体の自然の反応にも助けられ、何とか塗装の吹付作業も無事終わりました。


私はコーヒーを飲みながら修理を終えた車を眺め、ホッと一息胸をなでおろしていました。


 

約束の時間に友人が車を引き取りに来ました。


仕上がった車を見て嬉しそうに笑っていました。


私は久々にその友人とコーヒーを飲みながら会話を楽しみました。


この一件は、私の大きな自信になりました。


何とも言えないガン克服後の『初仕事』でした。



 

  • 次のページへ   123:




サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ