カテーテル手術

2004年(平成16年)3月18日、
私はカテーテル手術を受けました。




カテーテル手術とは
肝臓がんの腫瘍に直接抗がん剤を注入して、
ガンの治療を行うように出来る手術の事で、この治療方法は
当時私が飲んでいたサプリ(健康食品)のK県の病院と同じ治療法でした。


⇒当時頂いたカテーテル手術の説明書





 

麻酔は局所麻酔でした。

そのため手術中、先生方が話している内容が全て理解出来ていました。


しかし、手術中に自分の意識があると言う事は、
私は決して気持ちが良いものではありませんでしたね。。。


 

それはそれで、最先端の医療技術の凄さだけは実感することが出来ました。


本当に細いワイヤーみたいなものが、これまた細い血管を通じて
モニターを見ながら肝臓まで達してしまうのだ・・・、
これはこれである意味感動ものでした。



 
カテーテル手術後、2,3日は絶対安静にしていなければいけないと先生に言われ
私は大好きなタバコが吸えない上に動く事すら出来ず、
苦痛で苦痛で大きなストレスでした。


おまけに、両腕に点滴、わき腹からは胆汁のチューブ、
トイレに行く事も出来ないため、尿のチューブも下がっていました。



『こんな姿・・・、健康な人が見たらどう思うのだろう。。。』


 

 

ほとんど動く事が出来ない・・・、言葉では言い表す事が出来ないくらいの苦痛を感じていた期間でした。



 
しかし『頭』は健康(?)です。

いろいろな事を考えています。


この頃考える事と言えば
『これから先、自分は一体どうなって行ってしまうのだろう・・・。』

と言うことばかりでした。


 

いくら癌と闘う強い意志を持とうとしても
肝臓がんを告知されてから、ガンを患ってから、
やはりどうしても『ガン=死』と言う事が先に頭の中を駆け巡ってしまっていました。


ガンと闘う』気持ちと共に、『死の恐怖と闘う』気持ちを持ちながら日々を送っていました。



『俺はこのままこの病院を出ることなく終わってしまうのだろうか・・・。
いや、絶対にこのままでは終わりたくない。死にたくない。何とかして生きなければ!』



そんな事を考えているといつも
おふくろや妻、そして子供達や孫達の顔が浮かんで来ました。


そして元気だった頃、楽しく過ごした日々が思い出されました。

 

私が持った気持ちが誰もが持つか否かは分かりませんが
私は自分が死に直面した時、もっと生きたいと言う気持ちが
とてもとても強くなりました。


だからこそ、恐怖と闘いながらも、病と闘えたのだろうと思います。



今までこんなに死を身近に感じた事はありませんでした。

私は毎日、すがる思いで祈っていました。。。



 

 




サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ