がん宣告を受けた直後の私

肝臓がんの宣告を受けた直後、
となりにいた妻が泣きながら先生に言いました。

「先生、主人が癌だと言う事が分かっているなら
何故もっと早く対応して入院させてくれなかったのですか?
癌は少しでも早い治療が大切なんですよね?!
主人は最初の検査から1ヶ月も経ってるんですよ。。。」

 

妻は以前にこの病院で外科の看護師として働いていました。

病院の内情もある程度は知っていたのでしょう・・・、
それが分かっていただけに、怒りにも似た訴えでした。


 

「もういいよ・・・。」私は妻に言いました。

そして私は先生に尋ねました。
「先生、私はあとどの位生きられますかね?余命半年位ですか?」

「詳しく検査をしてみないと今の段階ではまだ何とも言えません。」
先生は答えました。

私と妻は先生の部屋を出て、病室へ向かいました。

肝臓がんの告知・・・、最悪の結果となってしまいました。


 

交わす言葉も無く、妻は何度もため息をついていました。


 

私の頭の中は【がん=死】と言う事だけでした。

その後、妻を病院の玄関まで見送りに行った記憶はあるのですが
それ以外の事は今でも全く思い出す事が出来ません。

大きな衝撃を受けた、忘れられない日でした。



 

サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ