いつ『終わっても』おかしくない体調でした

この頃の私の体調はいつ、何が起こってもおかしくない程
ギリギリの状態だったようでした。


私は主治医から受け取った血液検査の結果を
元看護師でもある妻に見てもらいました。


「カリウムの数値が『7』になると死んでしまうって先生が言っていたよ。」


私のカリウムの数値は【6.9】でした。。。


その後自分で調べてみて分かった事ですが
カリウムの一般基準値は【3.5-5.3】のようです。

その数値が高いと言う事は、腎機能低下、腎不全の可能性が高いらしく
そうなると、高カリウム血しょうとなって、麻痺とか心臓障害などが起きるそうです。


この事から考えると、あの時の私の脱水症状の状態は
心不全などの『ショック死』が起きても不思議ではない状態だったようでした。。。


妻は血液検査の結果を見て多くを語りませんでした。

私には全部は理解出来ていなかったと思いますが
それ程、私の状態は良くなかったのだと思います。

 

妻がそろそろ帰ると言うので、見送りがてら一緒に1階へと降りました。


58-1



妻が車に乗って帰って行くのを見ながら私はタバコを吸っていました。

『私も一緒に帰りたい。。。』


寂しさと病気への不安を感じながら妻の車を見送っていました。


 

タバコも吸い終わり病室へ戻る途中、冷水機に立ち寄って水を飲みました。

私は生きるために納得出来る自分の考えで行動し始めていました。


もちろん、水を飲んでも私の身体に異常はありませんでした。


 

翌日の回診の時、主治医に聞いてみました。

「先生、氷を口に入れるくらいなら良いですか?」


「そうですね、氷くらいなら大丈夫です。」


 

氷が大丈夫な事に多少の疑問を感じながらも
私は早速妻に連絡をして
今度のお見舞いの時、氷を買って持ってきてもらうようにお願いしました。



 

 




 

 

 

サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ