『医学界において例がありません。』

チューブが抜けるか否かの検査を受けるため私は数日後、
また病院へ行き、入院しました。


ナースセンターに行くと、あの当時とは別人となっていた私の姿に
看護師さん達は皆、驚いていました。


『きっともうこの世にいないのでは・・・?』と思われていたと思います。

そんな感じを受けました。


病室に案内され、私は早速パジャマに着替え、CT検査を待ちました。


少しでも早く結果を知りたい私は落ち着かない気持ちで待っていました。


しばらくすると看護師さんが迎えに来ました。


私は検査を受けるための部屋に案内され、台の上に乗りました。


造影剤を打ってもらい、CT検査。


検査は思っていた通り早く終わりました。


結果は午後に主治医から説明があるとの事で私は病室に戻りました。


 

そしてその日の午後。

主治医から説明があるとの事で私は主治医のいる部屋へと案内されました。


主治医は私のCT画像を見ながら言いました。

「胆管をふさいでいた中央部の大きな癌の腫瘍はこれを見る限り、
限りなく小さくなっています。
今後このまま消えてしまうかも知れません。」


と言いました。そしてその直後首をかしげながら不思議そうに


「また今後、もしかしたら大きくなる可能性もあるかもしれません。」 と付け加えました。


 

そして・・・、

「結論として、チューブは『抜ける』と思います。
まず、チューブの接合部分を外して様子を見ます。
2,3日熱など出なければチューブを抜きましょう。」


「笹野さん、これは医学界に於いて例がありません。」


不思議そうに私に言いました。


「以上です。とにかく良かったですね。」


主治医は長い間の闘病生活に労いの言葉をかけてくれました。


 

私は主治医にお礼を伝え、部屋を出ました。


部屋を出てすぐ、家で待っている妻に連絡をしました。

「本当に?! 良かったね!
チューブが無事取れて退院したらお祝いにお赤飯を炊いて待っているからね!」 と喜んでくれました。


 

それから病室に戻り、しばらくすると主治医がやって来ました。


予定通りチューブを接続している接合部分を外してもらいました。


私はベッドの上で数時間横になった後、タバコを吸いに起き上がりました。


反射的に私の手は胆汁容器のヒモを探していました。


『そうだ・・・、もう容器は要らないんだ。。。』


 

胆汁の容器が要らない身体はこんなにも身軽なのかと
不思議な感覚でエレベーターに乗りました。


エレベーターの中の鏡に映る自分の姿を見て、
1年8ヶ月もの間、一緒だった胆汁の容器から解放された実感が改めて湧いて来ました。


ある意味夢を見ているような感覚でした。



 

 





 

 

サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ