ゴールデンウィーク (2)

こんにちは。笹野富美夫です。

ゴールデンウィークの後半、何処も混雑が予想されるため、
我が家では車での遠出は避け、
自宅近くのショッピングモールなどで孫達と遊ぶ事にしました。


ショッピングモール内では、連休中子供向けにイベントなどの催しがあり
親子連れなどの方々で賑わっていました。

徒然日記(20140509)1:肝臓がん末期闘病記


それらの催し・・・、何と言っても参加無料と言うのがお手軽で良いですね。

孫達は『こむぎっち』と言う初めて見る地元のゆるキャラがお気に入りだったようで
握手をしては盛り上がっていました。

徒然日記(20140509)2:肝臓がん末期闘病記


孫達は2日連続でイベントに参加して、
バルーンこいのぼりに自分の好きな色を塗って楽しんだり、
エコバックに好きな絵を描いて楽しみました。

徒然日記(20140509)3:肝臓がん末期闘病記


ちなみに、左右のエコバックの絵は『こむぎっち』です。


そして連休最後の日の午後は、天気が良かったので地元では比較的大きな公園、
『群馬の森』に遊びに行きました。

群馬の森でも親子連れの方々で賑わっていました。

私達の6人目となる孫(男の子)もこの春に幼稚園児になりました。
妻とバトミントンが出来る程成長しました。
徒然日記(20140509)4群馬の森:肝臓がん末期闘病記



こうして、楽しく遊ぶ孫達の成長を見る事は私も妻も何よりの楽しみです。

徒然日記(20140509)5群馬の森:肝臓がん末期闘病記




この2日間、孫達も満足してくれたようです。

徒然日記(20140509)6群馬の森:肝臓がん末期闘病記




私も末期がん(肝臓がん)の告知を受けてから10年が過ぎます。

こうして健康を取り戻した私に孫達は時々、
「じいちゃんはガンを治したんだよね。すごいね。」と言ってくれます。。。

私の『元気』を喜んでくれる孫達の存在は、
これから先も健康でいる頑張り甲斐があるというものです。


⇒徒然日記トップページへ





サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ