地元のさくら祭り 【2015年4月10日】

私が住むところでは毎年、4月第1週の週末(土・日)に、
自衛隊が一部開放されて、さくら祭りが行われます。

私は克服後、孫を連れて毎年のようにさくら祭りを楽しんで来ましたが、
ここ数年は、なにかと用事が重なり、行く事が出来ないでいました。

なので『今年こそ!』と早い段階からその日は予定を入れないようにし、
今年は家族総出でさくら祭りに行く事が出来ました。

自衛隊さくら祭り1


そんな気持ちで楽しみにしていた今年のさくら祭りでしたが、
今年は当日の天気が、小雨が降ったり止んだりという、生憎の天気でした。

しかし、孫達はそんな事は全くお構いなし!
露店の食べ物や、自衛隊で行われる模擬演習や展示物を見たり、
実際に手にしたりして楽しんでいました。

自衛隊さくら祭り2
自衛隊さくら祭り3
自衛隊さくらまつり4


そんな中、地元の『ぐんまちゃん』がいるではありませんか!

自衛隊さくら祭り5



今年のさくら祭り当日の桜は、満開から散り始めのところもあるという、実に綺麗な桜でした。

こうして家族そろってさくら祭りを楽しむのは初めてです。

自衛隊さくら祭り6桜



11年前、私は余命3ヶ月の宣告を受けた末期がん患者、肝臓がん患者でした。

延命として、肝臓移植を受ける予定でしたが、
私なりの方法として、代替療法(総合力)身体の免疫力を高め、肝臓移植を断る決断を考えていたところでした。

今、こうして今日を迎えられるのも、
肝臓移植を断って【自分の直感】を信じ抜いたためだと思っています。


私にとってこの桜の時期は、日々、健康のありがたさを更に実感する季節です。


⇒徒然日記トップページへ





サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ