孫の運動会の応援に  【2013年10月2日】

こんにちは。笹野富美夫です。

私達が住む地方では、日中は暑い日もありますが、朝晩はだいぶ過ごしやすくなって来ました。


この季節の週末は、私達夫婦にとってとても忙しい時期になります。

それぞれの孫達が通う小学校の運動会の応援に出かけるからです。

しかしそれ以上に元気な孫達の姿が見れるので楽しさの方が遥かに勝りますけどね。。。


でも残念な事が一つあります。 それは、孫同士の運動会の日が重なってしまう事です。。。

(その時のために話し合っているのでいいのですが、やはりちょっと寂しいですね。。。)


そんな事で今年は末娘の孫達と長女の孫達の運動会の応援に行く事になりました。


今年初の運動会は末娘の孫になりました。小学2年生です。

この日は、私達夫婦2人で見に行く予定でしたが、
翌週運動会予定の長女の孫(小学2年生)も見に行きたいとの事で一緒に連れて行く事になりました。

この日の天候は運動会日和、
私達が学校に到着した時には多くの親御さんなどで賑わっていました。


ガン克服後日記:2013/10/2-1


運動会で思い出しますが、良い場所の確保は大変ですね。

ガン克服後日記:2013/10/2-2




そんな中、運動会が始まりました。

ガン克服後日記:2013/10/2-3

孫も2年生になったので、競技前でも去年より少し余裕が見られました。

学校の外には出店があったので、応援の私達は一時の水分補給です。。。

ガン克服後日記:2013/10/2-4


その後も運動会は予定通り進行して行きました。


ガン克服後日記:2013/10/2-5




運動会で頑張っている孫、そしてこの日一緒に応援に来た孫は共に小学2年生で
私が肝臓がんの末期で闘病している時に産まれました。

2人の孫は本当に仲が良いので私達夫婦にとってもとても嬉しく思います。




その翌週末、今度は長女の孫兄弟(2人)の運動会の応援に行って来ました。


この日の応援は、私達夫婦と末娘、末娘の孫2人で行って来ました。


この日も運動会日和のとても良い天気でした。

ガン克服後日記:2013/10/2-6


特に今年の運動会は、上の孫は6年生になり、そして組の応援団長に選ばれたとの事でやる気マンマン。

下の孫(2年生)は今年は一番を目指して走ると自信マンマン。


2人とも頼もしい限りで私も妻も楽しみでした。


朝一番、国旗掲揚の後、
赤・黄・青の各組団長の開会宣言で運動会が始まりました。


ガン克服後日記:2013/10/2-7


ちなみに右の青が孫です。


下の孫は今年は黄組になりました。

ガン克服後日記:2013/10/2-8




そして下の孫は宣言通り、徒競走はなんと1位で走って来ました!

これには私達も大喜びでした。


孫も自信満々な姿でした。


各組が競い合う応援合戦も見応えがありました。

ガン克服後日記:2013/10/2-9


各組の思いも感じますし、孫が応援団長と言う事もあって
私達夫婦にとっても忘れられない思い出となりました。

思い起こせば9年前、私は生まれて初めての『入院』を体験しました。

しかもそれが余命3ヶ月の宣告を受ける末期がん(肝臓がん)患者になってしまいました。


そんな時、孫は親に連れられて私のお見舞いに良く来てくれました。


そんな孫のためにも『生きるんだ』と思う気持ちが
ガン克服の後押しになったと思っています。


あの日からもう10年になります。

10年はひと昔と言いますが、本当に月日が経つのは早いものですね。


これからも6人の孫達の成長を楽しみながら、私の元気な姿を皆さんに見て頂きたいと思っています。


⇒徒然日記トップページへ





サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ