抗がん剤治療について

こんにちは。笹野富美夫です。

今年も早いもので、暦は6月になりました。
私は相変わら元気で過ごしています。

そんなある日、新聞を読んでいると、【抗がん剤 医師は消極的?】という記事が目に留まりました。

私も末期ガンという大病を患った一人として、ガンについての記事には敏感になっています。

抗がん剤治療について、受けるか?受けないか?選択は、患者さん自身が決められる事だと思いますが、抗がん剤の効果や副作用には個人差が大きいようです。

個人差というのは、『患者さん個人の免疫力の差』ということになるのでしょうか?

私は今から13年前、末期ガン(肝臓ガン)の闘病中、『抗がん剤は受けない!』と担当医に言っていましたが、ある偉い先生が、『笹野さん、抗がん剤をしないとガンは治らないよ。』と言われたことをこの記事を見て思い出しました。

記事の最後に、【抗がん剤は、患者の状況や目的に合わせて使い方を考える事が大切】ありましたが、ガンは早期発見、そして早期の治療が大切なことだと感じています。



抗がん剤 医師は消極的?(読売新聞2017/6/9)1

抗がん剤 医師は消極的?(読売新聞2017/6/9)2

※【抗がん剤 医師は消極的?】読売新聞:2017/6/9  —クリックで拡大—



サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ