庭の芝刈り

こんにちは。笹野富美夫です。

私が住む地方では、日中にはまだまだ時折セミの鳴き声が聞こえますが
夜になるとコオロギの鳴き声が聞こえ、何だか『秋』を感じています。


さて、つい先日私と妻の2人で末娘が住む家の芝刈りや雑草取りの手伝いに行って来ました。

毎年の事ですが、この時期は芝も雑草も伸びるのが早いですね。

20140911-1


芝を植えている庭は良く見かけますが、
雑草が生えたりと手入れも大変だと思います。


そんなことから、今回も私が芝刈り担当で、妻と末娘は雑草取り担当で行う事にしました。

20140911-2



また今回は、刈った芝は捨てずに家庭菜園の土壌の肥やしにしてみる事にしました。


早速芝刈り開始。

しかし、なかなか時間がかかるもので、結局この日一日で終わらせる事は出来ませんでした。

20140911-3-6


数日後、今度は私一人で末娘の家に行きました。

何とか芝刈りも終わりに近づいた頃、
幼稚園に通う5歳の孫が帰って来ました。

20140911-7-8

孫は短く刈られた芝の上を歩く感触が気持ち良いらしく、嬉しそうでした。

こうして芝刈りは2日間かかりましたが、無事に終える事が出来ました。


20140911-9


芝刈りを終え、満足感と共に筋肉痛が残りました。


私は今でこそ、健康を取り戻す事が出来ましたが、
ちょうど10年前の今頃は、末期の肝臓がんで闘病中でした。

当時の私は体力的にも、我が家の2階に上がる階段ですらきつい状態でした。

そんな闘病生活を思うと、
どんな時でも『生きる事を諦めない』事の延長が、今日の私の原動力に繋がっているのだと思っています。


20140911-10


⇒徒然日記トップページへ





サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ