孫達の夏休み(3)

こんにちは。笹野富美夫です。

前回にもお話ししましたが、私は今年の夏休みは『海、そして遊園地へ連れて行く!』と孫達と約束をし、前回海の模様を、そして今回は、遊園地の模様をお話ししようと思います。

約束の『遊園地』は、富士急ハイランドに連れて行くことにしました。

富士急ハイランドへ行くのは、私と妻、そして長男の孫(高1)と長女の孫(中3)の4人です。

目的地の天気は曇りか雨、時には雷を伴って強く降るという予報でしたが、イチかバチか出かけることにしました。

富士急ハイランドはテレビなどのCMで見るだけで、誰も行ったことはありません。

また、アトラクション(乗り物)によっては60歳以上の人は乗れないという年齢制限があるようですが、私と妻のお目当ては、日本一の富士山を見ることです。

道中、9キロの渋滞があり、予定より少し時間がかかりましたが、目的地へ着きました。

孫達との夏休み3-1:肝臓ガン闘病記【徒然日記】

富士急ハイランドのアトラクションを見た感想・・・、『想像以上!』でした。

しかし、お目当ての富士山が・・・、雲で見えません。

とりあえず園内へは入場券(大人)2人、フリーパス券2人を購入、2人の孫達はお目当てのアトラクションへと一目散に行ってしまいました。

私と妻は、いろいろなアトラクションの乗り物を見ながら歩いていました。

孫達との夏休み3-2:肝臓ガン闘病記【徒然日記】
孫達との夏休み3-3:肝臓ガン闘病記【徒然日記】

富士急ハイランドのアトラクション(乗り物)は、見るだけでも想像以上の迫力でした。

孫達との夏休み3-4:肝臓ガン闘病記【徒然日記】

そしてあっという間に時間はPM5:00、帰る時間になりました。

いつものように孫達と記念撮影。

孫達との夏休み3-5:肝臓ガン闘病記【徒然日記】

2人の孫達も大満足でした。

この日、私と妻の万歩計は15,000歩以上。

還暦を過ぎる私達の身体には、堪える歩数です。

でも、何より元気でいられることに感謝です。


⇒徒然日記トップページへ





サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ