孫の音楽発表会

こんにちは。笹野です。

久し振りの更新となりますが、皆さんはいかがお過ごしですか?!

私は相変わらず元気です。


さて、7月上旬の週末、末娘の孫(小3)が通うピアノ教室主催で、
ピアノ演奏とハンドベルの音楽発表会があったので見に行って来ました。

音楽発表会には、私と妻、そして長女の孫(小3)もかねてから観に行きたいと
言っていたので一緒に連れて行きました。


音楽発表会を開催する会場に入ると、
演奏する生徒さん達が書かれたメッセージボードが飾られていました。

音楽発表会1:末期がん闘病記『徒然日記』


演奏会場となるホールに入ると、
末娘と下の孫(4才)が席を取って待っていてくれました。


そしてしばらくするとピアノ演奏とハンドベルの音楽発表会が始まりました。

音楽発表会2:末期がん闘病記『徒然日記』


孫のピアノ演奏は《22番目》。
私達は、孫が上手く弾けるようにとハラハラドキドキです。


そんな思いの中、孫が演奏する順番になりました。

音楽発表会3:末期がん闘病記『徒然日記』

こうして大勢の方達の中でピアノを弾く孫の姿を見ると
私達の子供(長女、末娘)も小学生の頃、
ピアノ教室に通い、同じように発表会でピアノを弾く子供達の姿を思い出し、重なりました。

あれから20数年の時が過ぎます。


そんな思いの中、孫のピアノ演奏が無事に終わりました。

『さすが!私の孫だ!』・・・、そんな感想でした。。。



音楽発表会4:末期がん闘病記『徒然日記』

最後は発表者皆さんが舞台に集まり、
お父さんやお母さん達などから拍手喝采を浴び、音楽発表会は無事に終了しました。



音楽発表会5:末期がん闘病記『徒然日記』

そして孫達と記念撮影です。


上の2人の孫(小学3年生)は私が末期がん(肝臓がん)の闘病中に産まれました。

それも、この子達が産まれた後、私の闘病生活に【嬉しい節目】がありました。

私は1年数ヶ月の間、13回もの入退院を繰り返していましたが、
長女の孫(右側)が産まれた後は、もう入院する事が無かったのです。

そしてその数ヶ月後、末娘の孫(左側)が産まれた後、
『医学会に例が無い。』と言う末期がんを克服する事が出来ました。


孫の成長を見る事が、私の末期がん生存率を更に高める事になります。

これからも総勢6人の可愛い孫達の成長を見守って行きたいと思っています。



音楽発表会6:末期がん闘病記『徒然日記』



⇒徒然日記トップページへ





サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ