ガン生存率 【2016年1月27日】

こんにちは。笹野富美夫です。

先日、新聞でこんな記事を目にしましたので、今回は『ガン生存率』について私なりの考えをお話ししようと思います。

ガン生存率(読売新聞記事)

ガン生存率について、今までは【5年】という生存率が公表されていましたが、こちらの記事では【10年】生存率について公表されていました。

10年生存率について全国32のガン専門病院で診察したガン患者(32,000人)の方を1,999年から2,002年までのデータを初めて集計し公表したようです。

5年生存率が一区切りの目安のようでしたが、10年となるとガンの部位(臓器)によっては、生存率は【上がる⇔下がる】という一喜一憂のような気がします。

特に肝臓ガンや乳ガンは5年以降も検査が重要のようです。

『今回の公表でショックを受ける患者さんが出る事も懸念され、データはあくまで参考情報になるが、個人個人、経過が異なる事も伝えたい。』と言われています。

今後の公表について、全国の約8,500病院と一部の診療所に、ガンと診断された全ての患者さんの情報を、都道府県を通じ、国に届け出るようになるようです。

私のように、病院の治療(対処療法)は受けないで、自分自身の治癒力で治った患者はどうなんでしょう・・・?


⇒徒然日記トップページへ





サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ