末期ガンと腹水

腹水は血液中のアルブミンが少なくなると、血管の外に漏れ出た水分を 血管内に戻すことが出来なくなり、足がむくんだり腹水として溜まったりします。

腹水の症状の原因として、食事(タンパク質不足)も考えられますが、 病状として肝硬変や肝臓がん、膵臓ガン、膵炎、胆管がん、細菌性腹膜炎、がん性腹膜炎、 腹膜播種、肝臓疾患などと言われます。


腹水の治療として、一般的な治療は【食事療法】です。
1日2~5gの塩分制限、1リットル以下の水分制限、ベッドなどで安静に保つ、 タンパク質不足を補うなどです。


【薬剤治療】は、利尿剤により水分を身体の外へ出します。

不足したアルブミンを補うため、アルブミン製剤の点滴を投与です。


私は闘病中、足のむくみから腹水の症状が起き緊急入院となった事がありました。
入院後担当医の処置でアルブミン製剤の点滴を受けることで腹水を改善する事が出来ました。

しかし、上記のような治療を行っても改善しない腹水を『難治性腹水』と言うそうです。

腹水は、急に溜まる事があるようですので、注意が必要だと思います。





『末期がんを経験して』トップ






サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ