末期がんと病院の対応

病院の対応について、末期がん患者さんご本人や、看病するご家族の方々など
経験をされている方々はどう思われているのでしょうか?


病院も【一般病院】と【療養型病院】があるようです。


まず【一般病院】ですが設置してある病床は、急性期の患者さんで病気の発見や診断、
治療に必要な医療機器が揃っていて、入院治療を受けられるのは約1~3ヶ月以内のようです。


そして【療養型病院】ですが、設置してある病床は慢性期の患者さんで一般病院とは違い、
療養(病状)必要な医療機器だけが設置され、
入院治療を受けられるのは1年前後だそうです。


 

私も末期がん(肝臓がん)での闘病中、長期の入院を余儀なくされた時、
担当医の先生から『入院治療は3ヶ月以内と言う規定がある。』と言う事から退院した経験を持っています。


 

また、この闘病記にも病院の対応について、メールや直接話しを聞く機会があります。


末期がん患者さんの治療法と言えば、抗がん剤治療が主であり、ある意味『唯一の治療法』と言えると思います。


その抗がん剤治療で効果が期待出来れば良いのですが、
効果が無いと、『もう治療法はありません。』と言われ、
別の病院や緩和ケア病院等の選択を余儀なくされた話しを聞いたことがあります。


なんともやりきれない思いを感じます。


やはり【癌】と言う病気は、早期発見が一番と言われますが、そのためには日頃の検査が欠かせないと思います。





『末期がんを経験して』トップ






サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ