末期がんの告知について

最近は、どのようなガンでも早期の発見なら治癒が可能と言われています。

でも、私のように身体の異常から検査を受けると、その時には既に遅く、【末期がん】と診断される事が多いと思います。

私は黄疸の症状から検査を受けました。


【末期がん】レベルの癌の進行になると治療法も限られ、
ガンの進行から痛みがあれば痛みの緩和治療か、ガンの増殖を抑えるための投薬治療(抗がん剤治療)に限られ、
場合によっては余命宣告を言い渡される事も多いと思います。


それだけ【末期ガン】になると深刻です。


 

ところで、その末期がんの【告知】について、
『自分だったら告知を望む』、『自分だったら告知は望まない』と今も賛否は分かれると思います。


ちなみに私は先生から『病名は肝臓がんです。』と言われ、
『余命は半年くらいですか?』と聞きましたが、
『これから詳しい検査をしないと何とも言えません。』と言われましたが、自分では身体の異変から末期ガンだと思っていました。


 

しかし、私は癌の告知から《何でガンになってしまったのか?》の反省と、
《治るために必要なことは?》を含め、
告知からガンと向き合う事で末期がんを克服する事が出来ました。


 

もし仮に家族だけが末期がんと言う告知を受けていて、私には何も知らされていなければ
私の苦い経験、兄が胃がんの末期で亡くなってしまったように、
ただただ病院の治療を受けるだけだったと思います。


 

そんな経験から私は末期がんの告知については、【賛成】の一人です。





『末期がんを経験して』トップ






サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ