患者本人の考えや思い

末期がんを患い克服された方をインターネットや書籍等などの情報で知る機会があると思います。


私も末期がん(肝臓がん)を克服した一人ですが、
『もうあんな思いは二度としたくない』と思っています。


 

克服して思うことですが、
【末期がんに負けないために必要なこと】を私なりの考えでお伝えしたいと思います。


まず、ガンと言う病気を知り、理解することだと思います。


そして、『どのような治療法があるのか?』を知っておくことが大切です。


更には治療とは別に(治療と合わせて)、『自分が出来ることは何か?』と前向きにガンと向き合う事も大切で必要なことだと思います。


ちなみに、治療中や治療後に受ける血液検査の結果は、先の指針となるので知る事が重要と思います。


 

以上から私は闘病中、末期がんでも治る事を信じて頑張って来ました。


何しろ相手は手強い末期ガンですから『もう一回』と言う仕切り直しは出来ません。


甘い考え方は禁物だと思います。




サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ