末期がんと緩和ケア(ホスピス)

末期がんに対する治療法として有名なのは『薬剤(抗がん剤)治療』が挙げられます。


最後の砦とも言われる抗がん剤治療ですが、上手く治療効果が現れないと
医師から『もう治療法はありません。』と告げられ、
緩和ケア(ホスピス)を勧められる事も少なくないようです。


緩和ケア病棟は病院とは異なりますが、望めば治療を受ける事が出来るそうです。


自宅で過ごすと言う選択肢もありますが、
何かの時には専門スタッフの方がいるので、患者本人もそのご家族の方も
安心出来るのではないでしょうか。


そういった面からも私は緩和ケア(ホスピス)は必要だと思います。


※私の叔母も緩和病棟で家族に見守られながら旅立ちました。





『末期がんを経験して』トップ






サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ