ガン保険について

日本人の死因の第一位は【ガン】と言われています。


また癌と言う病気は、男性は2人に1人、女性は3人に1人が生涯において
ガンにかかる可能性があると発表(厚生労働省)されていますように、
日本人にとって『ガンは身近な病気』と言う事になります。


しかしそうは言っても『私は大丈夫。』と思われている方は多いと思います。

実際私もその一人でした。


私は2004年3月3日、「病名は肝臓がんです。」と癌の告知を受けてしまいました。


しかも症状は末期ガン・・・、3ヶ月の余命宣告を告げられていた末期がん患者になってしまいました。


私は自営業ですので、働かなければ収入はゼロです。


しかし病状を考えると『生きるか?死ぬか?』。

ガンにかかる費用、生活費などを考えると不安だらけの闘病の始まりだった事を覚えています。


その私が生きていられるのは、ガン保険に入っていた事が大きいのは確かです。

『まさか?!』のために入っていた保険が、本当に『まさか?!』の保険になりました。

しかも複数に入っていました。


それでも1年8ヶ月と言う長い闘病生活の中、口では言えない金銭的な苦労はありました。


私の癌治療では、手術代や薬代といった費用の他に、
入院中の食事代や有料の個室を希望した差額も必要となり、約1ヶ月の入院でしたが高額な費用でした。


費用で思い出しますが、国保で1ヶ月あたりの自己負担金が一定額を超えると、
高額療養費制度の仕組みから、手続きをすれば後日戻って来るのは、患者として本当に助かる制度でした。


ただ、『一定額』を超えないと全額自己負担となるので、
私のような長い闘病生活になると金銭的な負担が重くのしかかります。


『ガン』と言う病気はお金がかかります。


『備えあれば憂いなし』ということわざがありますが、本当にそう思います。








『末期がんを経験して』トップ






サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ