ガン5年生存率の推移

ガンという病気は、不治の病と思われる方は多いのではないでしょうか?

近年では、医療の進歩によりガンの治癒率は向上していると言われます。

そして治癒率の向上により、ガンの治療を受ける患者さんの生存率も延びてきていると言われます。


さて、その生存率が延びる中で、
『ガン5年生存率』と言う言葉を良く耳にしますが、

生存率の基準は、
【ガンの告知から?】【ガンの治療中?】、それとも【ガンの治癒後?】なのでしょうか?


私なりにその『生存率』について調べてみますと、
ガンの治療開始から5年後に生存している人の割合のようです。

(再発をしない人、再発をした人も含まれるようです。)

また、治療によりガンが消滅してから5年経過後に再発しない場合、
【治癒とみなされます】と言われるようです。


ガンは進行度(早期~末期)として、『ステージ』と言う言葉で表されます。

その『ステージ』には、1~4があり数字が上がるにつれて進行度として上がり、
身体の内部にどれくらいガンが広がっているのかを示す目安となっています。

ちなみに、『ステージ4』には、4a、4bと言う区別があり、
遠隔転移がある4bの方がよりガンが進行している区別となります。



さて、生存率ですが、ステージ1:早期ガン(大腸ガン・胃ガン・肺ガン・乳ガンなど)では、
治癒開始から5年生存率は9割以上を超えると言われます。

仮にステージ1のガン患者さん10人がガンの治療を受けたとしてその後、
5年が経過した時に生きている方が9人強と言うことになります。


そして、ガンは進行度によって5年生存率が低くなって行きます。


自分の命は自分で守る事を考えますと、
ガンは早期発見、早期の治療が大切な事だと思います。




⇒【ガンに対する悩みと疑問】トップページへ






サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ