ガンと食欲不振

今回は『ガンと食欲不振』について調べてみました。

食欲不振の原因は様々で、ガンの進行によるものや
薬剤(抗がん剤)等による副作用によるもの、
放射線治療、口内や消化器系のガン、胸水、腹水、精神的なストレス、
痛みなどの原因から食欲不振が起きると言われています。

その食欲不振の主な原因ですが、
ガンの進行によるものと、薬剤治療(抗がん剤)の副作用によるものが多いようです。


ガンの進行による食欲不振

ガンの進行によりガン細胞から悪液質(分泌物質)による進行性消耗状態が起こり、
タンパク質や炭水化物、脂質の代謝異常からエネルギー消費量が増加したりすることで
食欲不振、筋肉組織の消耗から体重の減少、倦怠感などの特徴が悪液質と言われ、
進行がん患者さんの60~90%に見られると言われています


薬剤治療(抗がん剤)による食欲不振

薬剤治療(抗がん剤)による食欲不振は、
治療中や治療後にも副作用として起きる確立は高いと言われています。

薬剤治療(抗がん剤)はガンの進行を抑える目的が主なようですが、
副作用として、舌にある味を感じる部分、
味を感じて脳に情報を伝達する神経の影響を受ける味覚異常、
粘膜障害などの症状から食欲不振が起きると言われています。

薬剤治療(抗がん剤)を受けている患者さんの半数以上にこの食欲不振が起きているようです。

また、患者さんの中には食欲不振や体重減少の症状が起きていても
我慢して治療を受けている方もいると言われています。


私も闘病中、食欲不振が起こりましたが、何とか乗り越える事が出来ました。





⇒【ガンに対する悩みと疑問】トップページへ






サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ