ガンと食事

ガンと食事について調べてみました。

このような言葉を良く耳にするかと思います。

『健康な身体を維持するためには、《バランスの良い食事》を心掛けましょう。』と。

ではその《バランス》とは?!


バランスの良い食事として、
主食・主菜・副菜・乳製品・果物の5品目を摂り入れる事が理想と言われています。

【主食】   ご飯、パン、麺類など

【主菜】   肉、魚、卵、大豆などの料理

【副菜】   野菜、キノコ、海藻などの料理 (×2)

【乳製品】  牛乳など

【果物】

など、1日30品目程度の食品を摂取することが理想と言われています。


しかし、バランスの良い食事が大切な事は分かっていても、
なかかな毎日バランス良く食べるのも難しいように思います。

食事については、いろいろな方がいるようです。

■朝:朝食は摂らない!

■昼:ハンバーガーとポテト

■夜:ステーキとライス

仮にこんな食事を繰り返していたら健康的にどうでしょう?


ガンと食事について調べる中で、
《食事療法でガンが改善する!》というような情報が多く見られました。

『末期ガンが治る食事療法!』

『末期ガンが改善出来る食事療法!』

『手術・放射線・抗がん剤の三大療法を用いても手の施しようが無かったガン患者さんが
食事療法を始めてガンが治った!』


など、話しをされているものがありましたが、
実際に末期ガンを克服した一経験者として、
それぞれの方に一度お会いして話しを聞かせて欲しいとさえ思っています。


ガンと食事について、

:バランスを考えて食べる方

:限定された食べ物だけ食べる方

:食事には気を使わない方

:好きな食べ物だけを食べる方

:食事は摂らない方

など、それぞれの考え方があるようです。


ガンの根治を目指す目的は同じだと思いますが、
食事は自己責任で決めるのが最も望ましいように思います。




⇒【ガンに対する悩みと疑問】トップページへ






サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ