ガンと血液検査

ガンの検査方法のひとつとして【腫瘍マーカー】の血液検査があります。

腫瘍マーカーは、悪性腫瘍(ガン)の早期発見の指標となる検査で、
タンパク質などの物質が血液中に増加していないかを調べる検査と言われます。

ちなみに、腫瘍マーカーの検査でも、
ガンがあっても検出されないこともあると言われます。

また、がん以外の疾患でも腫瘍マーカーが増加する事があるため、
画像検査などを組み合わせて判断する事が望ましいようです。



腫瘍マーカーはガンの種類によって判断基準の数値は異なります。

【AFP】   10ng/ml以下

肝細胞ガン、転移性肝ガンで高くなる。

【CA15-3】   30U/ml以下

原発乳ガン、再発乳ガンの治療効果の判定や経過観察が主なようです。

【CA19-9】   37U/ml以下

膵臓ガンをはじめ、胆道、大腸ガンなど消火器ガンなどで高くなるようです。

【CA125】   35U/ml以下

卵巣ガン、膵臓ガンなどで高くなるようです。

【CEA】   5ng/ml以下

大腸ガンなどの消火器ガン、肺、卵巣、乳ガンなどで高くなるようです。

【PIKA-Ⅱ】   40mAU/ml未満

肝臓ガンの発見や経過観察にAFPと併用するようです。

【PSA】   3.5ng/ml以下

前立腺ガンが主で経過観察に重要なようです。



腫瘍マーカーについて私なりに調べてみました。

私が受けた腫瘍マーカーは【AFP】で、
10以下の基準に対して、『6,180』という高い数値でした。

『もしも・・・?』と思われる方は、少しでも早く血液検査と腫瘍マーカーを受ける事が大切です。




⇒【ガンに対する悩みと疑問】トップページへ






サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ