血液検査 【2007年6月15日】





■2007年6月15日に採取した血液検査の結果です。

末期がんの克服から1年半が過ぎました。

検査表の下部にいろいろ書かれているのは、担当医が書かれたものです。

何が書いてあるのかほとんど分かりませんね・・・。

それは担当医の先生が変わったことから、今までの経緯(闘病から克服までの話し)を
話しする中で書かれたものです。


担当医となった先生は、「良かったですね」の一言も無く、
逆に「再発したらどうしますか?」と聞かれたので
「その時はまた代替療法で治します。」と言ってやりました。

やはり、西洋医学(対処療法)を学ぶ医師にとって
西洋医学以外の療法(代替療法)は毛嫌いするようにみえました。


患者さんと医師、お互いの信頼関係が大切な気がしますが、
この時の担当医の言葉を考えると『大切な命は預けられない』と考え、
私はこの日以来、この担当医となった先生の診察は受けない事に決めました。

血液検査(2007/06/15):肝臓がん末期闘病記 ↑クリックで拡大





⇒⇒【血液検査】トップページ(血液検査年表)へ!





サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ