甘草(カンゾウ)

甘草 カンゾウ

甘草(カンゾウ)は、スーパーなどで生のまま売られているのではなく、
マメ科の植物で生薬(漢方薬)の一つとして日干しにしたものが売られています。

それらを煎じて飲みます。

甘草(カンゾウ)には、サポニン、グリチルリチン、ブドウ糖など
甘味を持つ成分がガン予防の効果があると言われています。

甘草(カンゾウ)の甘味成分は、味噌や醤油、キャンディーなどの食品に使用されます。

生薬(漢方薬)として摂取する場合、薬剤師の指示に従うようにして下さい。


※私は甘草(カンゾウ)を使用した事はありませんが
ガン克服後は身体の免疫力を考え、市販の鹿角霊芝(ロッカクレイシ。キノコを乾燥させたものを妻と共に煎じて飲用しています。





  ⇒⇒『ガン予防の抗がん食品』トップページへ!





サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ