玉ねぎ

玉ねぎ:デザイナーフーズ

玉ねぎにはビタミンB1、C、E、食物繊維などの成分が含まれています。

玉ねぎを切ると涙が出るのは『アリルプロピオン』と言う刺激物質の成分と言われ、
他にも玉ねぎには刺激物質の成分が数種類含まれているそうです。


その中の一つ、ニンニクやニラなどにも含まれているイオウ化合物に抗がん効果があると言われています。


イオウ化合物は2つの作用を持っています。

1つは発ガン物質を無毒化にする解毒酵素を活性化させる作用、
もう1つは、活性酵素を除去する抗酸化作用です。

それらの作用によりイオウ化合物は発ガンにストップをかけてくれる効果があると言われています。


その他にも玉ねぎには、食欲増進や疲労回復、便秘の予防や改善、
細菌やウイルスに対する抵抗力をつけるなどの効果があるそうです。


*玉ねぎの一日の目安量  中サイズ半分程度


 

※私は玉ねぎは好きですので、味噌汁の具や煮物、サラダなどにして良く食べます。





  ⇒⇒『ガン予防の抗がん食品』トップページへ!





サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ