キャベツ

キャベツ

 

 

キャベツなどの淡色野菜は、緑黄色野菜に比べると軽視されがちのようですが、
淡色野菜は高いガン予防の効果があると言われています。

ちなみに淡色野菜と緑黄色野菜を合わせて1日の摂取量の目安としては
『約350グラム』が理想だそうです。

キャベツには抗酸化作用のある、β-カロテン、ビタミンC、ビタミンU、ビタミンK、食物繊維など、ガン予防成分が含まれていることから、自然治癒力を高めると言われています。

また、キャベツは汁に含まれる成分が免疫力を高める効果があるそうです。

生で食べるのが一番良いと言われますが、
加熱調理した方が量を多く摂る事が出来ますので、
結果的には生でも加熱後でも効果に大きな差は無いようです。

*芽キャベツもキャベツ同様の効果があると言われます。

*1日の目安量   葉1.5枚程度 (約90グラム)


※キャベツは野菜の中では好物の一つで、
生でも加熱後でも比較的良く食べている野菜です。





  ⇒⇒『ガン予防の抗がん食品』トップページへ!





サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ