鼻血で怖い思いを…

『肝臓がんは血が止まりにくい』と言う事を経験し、怖い思いをしました。

【鼻血】です。。。


 

ある入院の時、私のように良く1階の喫煙所に行ってタバコを吸っていた
患者さんと同室になった事がありました。


ただ、その患者さんは私と違い、1度『出かける』と、2、3時間は出たままで
ほとんど病室に居る事がありませんでした。

それは主治医や看護師さんも呆れる程でした。


 

ある日、その患者さんが風邪をひきました。


私も含め、同室の患者さん全員がその風邪を移されてしまいました。


私は鼻水と熱の症状に悩まされました。


 

そんな時でした。

何度も鼻をかんでいるうちに鼻血が出るようになってしまいました。


私は今までそのような事が無かったのでおかしく思いながらも
ティッシュを丸めて鼻の中に入れ、何とか止めようとしました。


しばらくすると血のかたまりのようなもので鼻に違和感を感じました。

そっと出そうと思い、鼻をかむとまた鼻血が出てしまいました。


このような日がしばらく続きました。


 

回診の時、主治医にその事を話すと
『がんになると血がなかなか止まりにくくなるからねぇ。。。』
と言われ、止血剤を受け、なるべく安静にするようにしていました。


それでも鼻をかむ度に出血する事が10日位続きました。


 

『歯科クリニックの先生が心配していたのはこういう事か・・・。』


 

その後、何とか血は止まりましたが、
たかが鼻血が『10日位』も続く事はやはり普通ではありません。


また、それと共に、歯を抜いた際の出血が大した事も無く
本当に運が良かったとつくづく思いました。




闘病記【番外編】トップへ戻る





 

サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ