『癌の告知』について思う事

突然ですが、今思えばあの時、私に癌の告知をしてくれた事で
ガンと直接向き合う気持ちが出来たのだと思います。


 

私は2004年(平成16年)3月に肝臓がんの告知を受けました。

主治医の口から「病名は肝臓がんです。」と妻と二人で聞かされました。


以前、私の兄が胃がんの末期で入院していた時、
当時の主治医から兄への癌の告知はありませんでした。


私達家族は兄が亡くなるまで、ガンについて一切悟られないようにと気を使いました。


兄には胃ガンではなく、持病の胃潰瘍と言う事で
治療をすれば良くなると話しをする他にありませんでした。


始めから治療方法が無いのであれば、
あの時直接主治医の口から兄に告げて欲しかったと思います。


兄はただ点滴を受けるだけの毎日でイライラしていました。


ある日、仕事の話しで兄の所へ行った時、兄から
「これからどんな治療をするのか、手術はあるのか聞いてきてくれ。」
と言われた事がありました。


私は主治医とその件について話しをすると主治医から
「弟さんからお兄さんへ胃ガンだと言う事を告知して欲しい。」
と言われてしまいました。


『今更そんな事、言えるはず無いじゃないか。』


私は強い憤りを感じました。


私は自分が主治医から肝臓がんの末期だと告知された事によって、
身辺整理や心の準備、そしてガンと闘う心構えなどを持つ事が出来ました。
しかし兄は全く告知されなかったので、訳が分からないまま
ただ治療と言う名目だけで病院の中で患者として縛られるだけでした。


 

医者の発言は、患者さんやそのご家族にとても大きな影響を与えるものだと思います。


まして『癌の告知』ともなれば尚更影響があると思います。


その『癌の告知』を患者本人に告げないとどうなるのでしょう。。。


患者本人を安心させる意味かも知れませんが
医者は本人の前では楽観的なことを言って、
その後別室では家族のみが呼び出されて悲観的な事を聞かされます。。。

しかも家族はそれを本人に気付かれないように毎日辛い日々を送る事になってしまう訳です。


私が入退院を繰り返している中でも
家族だけが知らされて本人には告知されていない方が何人もいました。


兄だって、もし癌を告知されていれば
いろいろ身辺整理や自分なりに思い残した事をやるなど、沢山あったでしょうが
日に日に病状の悪化をたどる中で何一つする事は出来なかったと思います。


 

『ガンの告知』と言うのは
家族、そして医療現場でも賛否が分かれる問題かと思います。


その当事者となった一人として思う事は
人ぞれぞれ性格がありますから統一はするべきではないと思いますが
私は告知してもらって良かったと思っていますし
兄にも告知をしてもらう方向で話しをするべきだったと思っています。


もし兄も告知を受けていれば、私達家族ももっと兄に対して
他の接し方があったのではないかと今でも悔やむ事があります。


 

患者本人が告知を受けていれば
家族もまた患者と同じバランスの中で治療を受ける事が出来、
またこれは本当に大切な意味を持つと思います。


患者自身はいろいろな治療方法がある中で何を選択するかと言う事は
自分自身の身体を守るために必要な事だと思います。





 

 

サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ