病院で金を盗まれる

病院内で金を盗まれる経験をしました。


ある日、長男夫婦が孫を連れて遊びに来てくれました。


私はベッド脇にある自分用の引出しから
孫もお気に入りのぶどうパンなどを出して食べるように手渡しました。


長男の子供は2人で上が男の子で下が女の子、共に可愛い孫です。


「じいちゃん、ありがと!」  孫は喜んで食べてくれました。

 

しばらくして帰る事に。

「じいちゃん、また来るね!」 寂しいながらも嬉しい言葉でした。


私は一緒に1階に降りて孫が大好きな自販機の焼きそばを買ってやろうと
別の引出しから財布を取り出して一緒に病室を出ました。

 焼きそばを買った自販機|肝臓がん末期闘病記↑手前の自販機で良く焼きそばを買ってあげていました。孫はこれが大好きでした。

 

自販機に千円札を入れようと財布を開けました。


「アレ・・・?」


入っているはずの『千円札』が無い事に一時考えてしまいましたが
小銭は残っていたのでそれで何とか焼きそばを買う事が出来ました。


孫をガッカリさせなかっただけでも良かったと思いました。


 

長男家族が帰った後、私は妻に連絡をしてお金を持ってきてもらいました。


「どうしたの?」


「確かに千円札が入っていたはずなのに・・・。」


 

すると妻は知り合いの婦長さんにこの事を伝えました。

妻はこの病院で元看護師をしていた事で婦長さんとも知り合いでした。


「笹野さん、病院内はいつも自由に人が出入り出来るので
ある意味物騒ですから気を付けて下さいね。
実は私達も看護師室内にも関わらず、置いておいたバッグや財布を
盗まれた事があるんです。 本当に用心して下さい。」


 

私はその一件からベッド脇の引出しに鍵をかけるようにしました。


 

病院だからといって油断は禁物のようです!

お見舞いの際もご用心を!




闘病記【番外編】トップへ戻る




 

サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ