実兄の闘病記(胃がん末期)

私の実兄は胃がんの末期で1999年(平成11年)7月、
亡くなってしまいました。

私の記憶の限り、兄が体調の異変を感じた1999年(平成11年)3月から
亡くなる7月までの闘病生活の様子を記して行きたいと思います。




実兄の胃がん末期闘病記

年月 闘病記内容
1999年(平成11年) 3月 1:私達兄弟の本業
2:体調に異変を感じ病院へ
3:胃がん末期・・・余命3ヶ月の宣告
4:バイオ水を勧める(1)
5:バイオ水を勧める(2)
6:総回診での出来事
1999年(平成11年) 4月 7:主治医への不信感
8:転院を考える
9:兄のかかりつけの先生に相談する
10:病院が見つかる
11:転院先の病院を決める
12:兄に転院の話しをする
13:転院の準備を進める
14:転院当日
15:転院先で検査を受ける
16:胃ガンからリンパ、肝臓へ転移
17:厳しい現実を突き付けられ…
18:末期がんに野菜スープ?!
19:ためらいながらも野菜スープを持って行く
20:胃ガンが進行している…
1999年(平成11年) 5月 21:ガンに効くかも…?!
22:足のむくみが酷い
23:プロポリスを勧める
1999年(平成11年) 6月 24:余命3ヶ月の宣告から3ヶ月が過ぎる
25:治療の妨げ?プロポリスが???
26:【御神水】を探しに行く
27:【御神水】を購入する
28:【御神水】を届けに行くと・・・
1999年(平成11年) 7月 29:付き添いをお願いされる
30:容態が急変
31:抗がん剤は効かない…兄と対面
最終章:兄への想い
サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ