肝臓がん末期闘病記-時系列年表

闘病生活を年表にしてみました。

体調に異変を感じ始めた2003年(平成15年)から、全ての腫瘍が消えて癌を克服した2005年(平成17年)までです。

右端の数字は当時の私の体重です。

健康な体から癌を患い、一時は子供のような体重にまでなっていました。参考までに記しておきます。

年月 闘病記内容・タイトル 体重
2003年(H15)
9月

体調に異変を感じ始める
55キロ
1 体調に異変を感じる
2004年(H16)
1月
2 黄疸?顔が黄色い・・・
3 肝臓の検査を受ける
4 たらい回し?時間がかかり過ぎる病院に不満
3月 5 黄疸のかゆみと私の対処
3月3日
肝臓がん末期の宣告を受ける
55キロ
6 肝臓がんの宣告を受け『死』を思う
7 がん宣告を受けた直後の私
8 死の恐怖と闘いながら…
9 生まれて初めての『手術』
10 術後の気持ちと体調など 50キロ前後
3月18日 11 カテーテル手術を受ける
12 リザーバー 太鼓(たいこ)
13 ここは病院なんだ・・・
14 肝臓移植 妻が肝臓提供を申し出るが・・・
15 余命3ヶ月の宣告・・・妻に
3月26日 16 肝臓移植の説明を聞きに大学病院へ 1
17 肝臓移植の説明を聞きに大学病院へ 2
18 肝臓移植の費用、保険について
19 ワラにもすがる思いで・・・
20 癌で死にたくない、不安な日々を送る
3月30日 21 『最後』の気持ちでセリ採りへ
22 健康食品を紹介してもらう 45キロ前後
23 願掛けしながら飲み始める
24 いろいろな気持ち
4月1日 25 肝臓に心地良さを感じる
26 肝臓移植と心の葛藤
27 肝臓移植を止める決心をする
28 肝臓移植を止めた理由・気持ち
4月9日 29 肝臓移植のための入院を断る
30 肝臓移植を断るため大学病院へ 45キロ前後
31 肝臓がんの末期に負けたくない
32 久々に『休日』を楽しむ
33 胆管を広げる事は可能?
34 バルーン手術可否検査のため入院
35 同室の方も健康食品を…
36 バルーン手術の説明を受ける
37 バルーン手術可否の検査当日
38 造影剤の副作用
39 造影剤の恐ろしさを実感する
40 副作用は終わったけれど・・・
41 病室に幽霊?オバケ???
42 せっかく病室を移動してもらったけど…
43 思いがけない退院
44 人は死の直前体調が良くなる…
45 救急車・・・気を失う
46 死の宣告を受ける
47 断食、辛い入院生活
48 総回診・ソウカイシン?・総回診察
49 脱水症状の原因は?
50 食事の許可出る・体重42キロ 42キロ
51 【生きるための食事】を考える 42キロ
52 退院の許可・私の体調
53 久々に仕事をしてみるが…
5月31日 54 また脱水症状?! 2度目の救急車
55 2度目の【死の宣告】
56 造影剤の副作用でした…
57 主治医への不信感 38キロ
58 いつ『終わっても』おかしくない体調でした。
59 手のひらに『白い粉』?! 38キロ
60 生きるために食べたい・・・ 38キロ
61 食事の許可が出る!健康食品保管方法は?
40キロ
62 外出許可をもらい、娘の車の修理を終わらせる
7月 63 『お父さんはもう死なないと思うよ。』
64 9回の入退院を繰り返すも妻は信念を持っていました。
65 胆汁が止まりチューブ交換
66 久し振りに孫と遊ぶ
  67 娘の結婚式が2ヶ月後と聞く
7月下旬 68 余命3ヶ月の宣告から半年過ぎる

10円玉大の肝臓癌が3つ消える!
69 10円玉大の肝臓癌が3つ消えた…
70 ガン保険について
8月下旬 71 娘の結婚式直前にまた胆汁が不安定
72 突然意識を失う
73 結局娘の結婚式には出られず…
  74 娘のお土産でタバコ復活(笑)
75 末期癌の現実と治療について
10月 76 『オバケ?』体験は本当でした…
77 キノコ狩りに行って
42キロ前後
78 胆汁が何度も止まる初めての経験
79 急変・・・、激しい寒気と震え
80 薬の副作用・・・怖い
81 【鳥目】になる?!
82 体調安定せず長期入院に
83 リザーバー除去手術
11月 84 末期がん→急変 ある患者さんのお話し
38キロ
12月 85 主治医の計らいで年末年始の外泊許可
40キロ前後
86 久し振りの我が家・正月、アルコールは飲めず
2005年(H17)
1月
87 正月明け、また入院生活に戻る
88 3ヶ月ぶりの退院・ワカサギ釣りへ
89 自分で初めて胆汁処置を行う
3月
余命3ヶ月の宣告から1年が過ぎる
90 余命3ヶ月から1年、また入院、そして胆汁記録帳
91 製氷機で大失敗・・・
92 むくみ、癌の進行?!
93 検査結果は良くも食欲・味覚が変わる
94 末期がんの治療は何も変わっていない?
95 様々な患者さん達・・・
96 腹水がたまる…何とか症状が改善
97 山頂から想いを巡らす
4月 98 胆汁が安定せずまた入院
99 食事はとても大切だと思う
44キロ
5月 100 胆汁から赤いミミズのようなものが…
101 退院当日イチゴ狩り→スピード違反で罰金…
102 赤飯で大変な胸焼けに・・・
6月 103 また脱水症状…、緊急入院
42キロ
104 胆管がん?チューブが2本の患者さんに会う
105 シャワーも大変でした
106 4人目の孫誕生、そして『最後』の退院

『最後の退院』となりこれ以降、入退院はしなくなる
7月・8月 107 胆汁が安定してくる
45キロ
9月
胆汁が安定し点滴を受けなくなる
50キロ
108 点滴終了、5人目の孫が産まれる
55キロ
10月 109 『再び』キノコ狩りへ
57キロ
11月 110 胆管の再検査をお願いする
60キロ
111 胆管検査当日
112 胆管が『正常』に!
113 『医学界において例がありません。』
114 本物の『自由の身』に、ガンに勝った!
115 癌を克服した実感が湧いてくる
116 肺ガンだった父、そして胃ガンだった兄…
117 退院…【闘病生活】が終わる
118 1年8ヶ月ぶりの風呂
119 免疫力で末期がんが?!
2006年(H18)
1月
120 末期がん克服後、元気な体で年末年始を迎える
2月 121 3ヶ月ぶりの病院
122 ガン克服後の『初仕事』
123 「医学会において例がありません。」
124 主治医の『本音』、そして兄へ感謝
3月 人生の再出発(最終章)
【最終章】
サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ