末期がんを経験して

ガンと言う病気に対して厚生労働省からも発表されていますように
人間が生涯において癌を患う可能性があるのは男性は2人に1人、女性は3人に1人だそうです。

そのことを考えるとガンと言う病は他人事では済まされないように思います。


 

私も癌の告知を受けるまでは、『自分は癌なんかにはならない。大丈夫だ。』と思っていた一人でした。


その私が2004年(平成16年)3月3日、担当医から『病名は肝臓がんです。』と言う癌の告知を
妻と同席の中、告げられてしまいました。


あの日の出来事は今も鮮明に覚えています。


その後の詳しい検査から、私の肝臓ガンの原因は、
C型肝炎から慢性肝炎となり、肝硬変の進行から発症と言う事が分かりました。


病名は《多発性の進行がん》で、しかも『末期』余命は『3ヶ月』と言う宣告を受ける
末期がん患者になってしまいました。


『まさか?!』と言う思いと同時に、【ガン=死】と言う事だけが頭の中を駆け巡っていたことを覚えています。


 

あの日から約10年、闘病の末、癌を克服してから8年が過ぎ、
おかげ様で再発も無く今日に至っております。


そして早いものでこの闘病記ブログを立ち上げてから7年になります。


この7年間、多くの方々から励ましの言葉、
そして現実に病を患う方や、支える家族の方、友人・知人などの方々からメールを頂いてきました。


その中で私の経験が少しでもお役に立てばと思い、様々な事をお伝えして来ました。


 

それらのお話しなど、思いつくままにお伝えして行こうと思います。



末期がんを経験して思う事

【ガン】と言う病気は?

末期がんの告知について

末期がん患者のご家族について

末期がん患者さんに対する接し方

患者本人の考えや思いについて

末期がんと黄疸

末期がんと腹水

緩和ケア(ホスピス)について

せん妄、末期がんの終末期

ガンのステージ(進行度)

ガン保険について

末期ガンと病院の対応

末期ガンと闘わずに・・・

ガンと遺伝について

末期がんの症状

末期がんとモルヒネ

ガンの転移について

各部の末期がん?






サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ