転院先で検査を受ける

***** 1999年(平成11年)4月 *****


兄を車に乗せてから約1時間が過ぎた頃、ようやく転院先の病院が見えて来ました。

兄と義姉にとっては初めて見る病院です。

病院の駐車場は満車状態でしたが、
端の方にかろうじて空きがあったので車を停める事が出来ました。

しかしその場所から病院内まで歩いていく事を考えると、
今の兄の体力ではかなり難しいと思い、私は病院内に置いてある車椅子を取りに行き、
車椅子に乗ってもらい病院内に向かいました。


病院内は私が事前に見に来た時のように、この日も多くの方が行き交っていました。

私は兄に待合室で待っていてもらい、私と義姉とで、受付けをしに行きました。

受付けの方には、今日この病院に来た訳を話して、兄の入院に必要な手続きを済ませました。


その後私達は外科の外来に行き、受付を済ませて待っていました。

しばらくすると看護師さんが出てきて名前を呼ばれました。

看護師さんは『これから検査をしますので。』と兄が座る車椅子を押して行き、
私と義姉はそのまま外科の待合室で待つことになりました。


兄が診察室へ行き、一段落してあたりを見回したところ、
外科外来の待合室はこれから診察を受ける方々なのだろうか・・・、イスに座る余裕も無いほどでした。

私と義姉は兄の検査結果を考えると期待と不安で落ち着く事が出来ませんでした。

ただただ兄が検査を終えて戻って来るのを待つばかりでした。






16:胃ガンからリンパ、肝臓へ転移


兄の闘病記(胃がん末期)トップページへ


サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ