転院を考える

***** 1999年(平成11年)4月 *****


私は兄がいる病室へ行けず、ひとりしばらく待合室の椅子に座り、
兄にどのように話しをしたら良いのかを考えていました。


最初の診断の段階で先生から直接兄に胃ガンの告知をしてくれれば良かったのに・・・。

そうすれば私も義姉も嘘をついたりこんなに悩んだりする事も無かったのに・・・。


そして私はとにかく一度、兄が十二指腸潰瘍の治療で薬を処方してくれている
かかり付けの個人病院の先生に訳を話して、別の病院を紹介してもらってみようと考えました。

それにはまた、上手く別の病院に転院が出来れば、
何か他に治療法があるかも知れないと言う私なりの期待もありました。

そしてこの日はとりあえず、
『今の治療を続けてみて治れば退院出来るし、もし治らなければまた違う治療を行います。』
と先生が言っていたと兄に伝えました。


兄も分かってくれたようで納得してくれました。

私はホッとしながらも、先生への不信感を募らせながら家に帰りました。





9:かかりつけの先生に相談する


兄の闘病記(胃がん末期)トップページへ


サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ