転院の準備を進める

***** 1999年(平成11年)4月 *****


私は家に帰る車の中で、
『このまま病院を紹介してくれた先生のところに行って話しをしなければ。』と思い、
家には直接帰らず、先生のいる個人病院へと向かいました。

病院へ着くと受付の方に先生と話しがしたい旨伝え、受付けの方はすぐ先生を呼びに行ってくれました。


しばらくして先生が来てくれました。

『兄がくれぐれも宜しくと言っていました。
そして明日、兄を連れて病院へ行こうと思います。』

『そうですか、明日ですね。私からも院長に話しておきます。』

『本当にいろいろとありがとうございました。』


そんな内容の会話をしました。


その後私は家に帰るとすぐ、いつも兄とコーヒーを飲む場所に座り、
ひとりコーヒーを飲みました。

何か、ようやくホッとした思いでいっぱいでした。


一息ついた後、私は義姉に電話をし、
兄貴が病院を移る事を了解してくれたので早速、明日の朝から外泊許可と取って来た事、
明日の朝、一緒に病院へ兄を迎えに行き、そのまま転院先の病院へ行く予定である事を伝えました。

おふくろと妻にも伝えました。


その夜、義姉から兄が入院している病院へ行って先に身の回りの整理をしてきたと電話がありました。

私は、これで病院を変えればきっと兄は何か良い治療が受けられるだろうと思っていました。






14:転院当日


兄の闘病記(胃がん末期)トップページへ


サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ