胃がん末期・・・余命3ヶ月の宣告

***** 1999年(平成11年)3月 *****


兄の検査結果を聞きに、私は義理の姉と一緒に病院へ向かいました。

病院で受付けを済ませ少し待っていると、先生がいる部屋へと案内されました。


「病名は胃ガンでリンパから肝臓に転移しています。余命は3ヶ月です。」


えっ?  私も義理の姉も『まさか?』と耳を疑いました。

今朝も一緒に普通に仕事をしていた兄が、胃ガンでリンパから肝臓に転移で余命3ヶ月なんて・・・。


「先生、どうにか助かる方法はありませんか?」

「残念ですが方法はありません。
ご本人は十二指腸潰瘍と思われていますから、胃ガンの告知はしない方が良いでしょう。
奥さんと弟さんから治療をすれば良くなると話しをして下さい。」


先生の部屋を出てからそのまま家には帰らず病院の待合室で
先生に言われた通り、兄には病名は十二指腸潰瘍と伝えること、
そしてこれからのことと義理の姉と話し合いました。

涙を浮かべ落ち込んだ義理の姉を見て、
「兄貴はオレが助けるから安心して」と言ってその日は別れました。


私は家に帰る車の中でひとり考えていました。

『兄貴は俺が助ける』と言ったものの、自分にはガンに対して知識も何も無い。
とにかく明日、自分が恩師と慕っている方に相談に行ってみよう、と。


家に着くと私は妻とおふくろに兄の検査結果を話しました。

妻もおふくろも驚きと絶句でした。。。

その後先生から言われたことや義理の姉と相談した事も伝え、
兄には胃ガンと言う事を伏せる事にしました。






4:バイオ水を勧める(1)


兄の闘病記(胃がん末期)トップページへ


サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ