治療の妨げ? プロポリスが???

***** 1999年(平成11年)6月頃 *****


ある日私は、仕事の話しとプロポリスを持って兄が入院している病院へ向かいました。

兄はいつものように点滴を受けていました。

私は兄と仕事の話しを済ませてから、
プロポリスが入っている入れ物を交換しようと手に取ると、
プロポリスはまだ入っているようでした。


「せっかく持ってきてもらったんだけど、
先生が『治療の妨げになるので病院以外の物はなるべく口にしないで。』といわれたから、
その日から飲んでいないんだ。」   と兄は私に言いました。


私には『兄の病状について治療法はありません。』と院長先生が言ったのに、
『治療の妨げになるから』と言うのは何かおかしいじゃないかと思っていました。

しかし、兄には胃がんの告知は伏せたまま十二指腸潰瘍で入院していると伝えてある事、
そして兄の性格を考えると、私はそれ以上プロポリスを勧める事は出来ませんでした。


その日私はプロポリスを容器ごと家に持ち帰りました。

そしてプロポリスの事をおふくろや妻、義姉に伝えました。

家族としても納得は出来ませんでしたが、
兄の性格から考えてもプロポリスに関しては無理に勧めるのは止めよう、
でも野菜ジュースや野菜スープは今までのように届けるようにしようと決めました。






26:【御神水】を探しに行く


兄の闘病記(胃がん末期)トップページへ


サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ