バイオ水を勧める(1)

***** 1999年(平成11年)3月 *****


翌朝、入院をする前に兄が工場に来ました。

私と兄はいつものようにコーヒーを飲みながら仕事の打合せをしました。



いつもと変わらない兄を見ていると、本当に信じられない・・・。



「じゃあ行ってくるから後は頼むな。
それと、俺が入院したことは誰にも言うなよ!」 そう言って兄は病院へ向かいました。

『入院して治療を受ければすぐに良くなるだろう。』 兄はそう考えていたと思います。

だからこそ私に、『入院したことは誰にも言うなよ!』と言ったのだと思います。



この頃から更に十数年前、私の親父は肺がんで亡くなりました。

その間、医療技術は年々進歩しているとは耳にしますが、
ガンに対しては親父の時と何も変わっていないように思いました。

『何としても兄を助けなくては。』と思いながら仕事を始めました。


その日の昼頃、私は自分が恩師と慕う方に電話をしました。


兄の病状を話して、ガンに良いものがあったら教えて欲しいと相談をしました。

いろいろな話しの中で、私は兄に【バイオ水】を勧めてみようと思いました。

バイオ水はそれなりに研究がされていること
バイオ水を研究されている方と直接話しが出来ること
バイオ水ならガンと知らない兄に勧めやすいこと
      そう考えたからです。

そう考えると、少しでも早く兄のもとへバイオ水を届け、
少しでも早く胃ガンが良くなればと願うばかりでした。






5:バイオ水を勧める(2)


兄の闘病記(胃がん末期)トップページへ


サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ