ガンに効くかも…?!

***** 1999年(平成11年)5月頃 *****


私は友人や知人を頼りに、何かガンに良いものは無いか?と
連絡を取って聞きまわり、情報を待っていました。

そんな中、連絡をした友人のひとりから電話がありました。

『ガンに良いかも?!』との事で早速私はその友人に会いに行きました。


友人と会う約束の場所までは、自宅から車で30分くらいのところでした。

私は、車を走らせながら『持つべきものはやはり友だな…。』と思いながら約束の場所へ向かいました。


約束の場所に着くと既に友人は私が来るのを待っていてくれました。

私の顔を見るなり、「お兄さんの具合はどう?」と心配してくれました。

私は、兄は胃ガンの事は知らず、十二指腸潰瘍で入院していると思っている事や、
何とか兄を助けるためにバイオ水を飲んでもらっているのだけど
あまり効果が無いように思ったので、他に何かガンに良いものは無いだろうかと
連絡させてもらった事などを友人に話しました。

すると友人は私に言いました。

「お兄さんにプロポリスはどうかね?」

良く話しを聞いてみると、そのプロポリスを製品にしているのが友人の知り合いで
その方は養蜂場を経営されているそうで、
友人が私の兄の話しをしたら『特別に分けてくれる。』との事で私に連絡をしてくれたとの事でした。

私は嬉しい気持ちと感謝の気持ちと共に、早速兄にプロポリスを勧めてみようと思い、
友人に私の自宅に届けてもらえるようお願いをしてお礼を伝え、その日は別れました。






22:足のむくみが酷い


兄の闘病記(胃がん末期)トップページへ


サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ