CRP

CRP検査は、身体の炎症や体の組織となる細胞の壊死が起きた時、血液中に増える物質(C反応性たんぱく)と言われます。

CRPの数値ですが、以下のような判定があるようです。

■0.3以下 ⇒ 基準値内
■0.4~0.9 ⇒ 軽い炎症などの可能性のある範囲
■1.0~2.0 ⇒ 中程度の炎症などの可能性のある範囲
■2.0~15.0 ⇒ 中程度以上の炎症などの可能性のある範囲
■15.0~20.0 ⇒ 重大な疾患の可能性のある範囲


そして、CRP(炎症)の判定から疑われる可能性として、

◇悪性腫瘍

◇心筋梗塞

◇膠原病

◇ウイルス性感染症

◇細菌感染症     などが挙げられるようです。


私のCRPの数値は、【2.2(H)】ということは、中程度の炎症ということになります。

CRP値に異常がある場合の多くは、発熱や不快感を伴うと言われますが、私の体調は、『熱がある』、『身体がだるい』などの症状が続いていた事を考えると肝臓ガンが原因だったのか。と改めて思います。


⇒【ガンによる体調異変と血液検査】トップページに戻る



サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ