白血球【WBC】

白血球【WBC】の基準値は【約4,000~9,000】と言われています。

私の白血球【WBC】は【10,060(H)】、【12,050(H)】と、共に高い数値でした。

白血球は血液の成分のひとつで、骨髄で作られ、ガンやウイルス、細菌などの侵入に対して身体を守る役目を持っていると言われます。

また白血球は、免疫細胞と言われ、顆粒球、マクロファージ、リンパ球からなり、免疫細胞として役割分担を担い、身体を守るようです。


どのように・・・?

例えば、体内にウイルスや細菌などが侵入すると、免疫細胞は細胞内に取り込んで分解、その分解した情報から、抗体を作って退治や排除しようとすると言われます。

私の白血球の数値が基準値より高いのは、CRP(炎症)と白血球が関連しているようです。

体内の炎症から免疫機能(白血球)が働いている可能性があると言われる事で、私の白血球の数値が高いことを考えますと、私の免疫細胞がガンを退治しようと戦っていたのだと思います。


⇒【ガンによる体調異変と血液検査】トップページに戻る



サブコンテンツ

克服後の日常生活を徒然に…

余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

末期がんからの生還     (販売終了)

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ