ガン細胞 VS 免疫細胞

私は末期がん(肝臓がん)を克服した一人として、
【ガン】と【免疫】について私なりにいろいろ調べて納得したり、時には疑問を感じたりすることがあります。


それもそのはず、【ガン】にしろ【免疫】にしろ、目に見えない細胞の話しですから、
【ガン】と言う病気についても、いろいろな見解があると思います。


私達の身体は、約60兆個の細胞から成り立っていると言われ、
その60兆個の細胞は、古くなった細胞は死んで、新しい細胞が生まれると言う新陳代謝を健全に繰り返す事で、生命が維持されるそうです。


新陳代謝で生まれ変わる細胞の数は、一日におよそ3,000億個と言われています。

目には見えませんが凄い事だと思います。


その『3,000億個』とも言われる細胞の新陳代謝が全て健全に行われれば良いのですが、

何らかの原因で【ガン化】する細胞も出て来ます。

その数は毎日数千個も発生しているそうです。


しかし、私達の身体には【免疫機能(細胞)】が備わっています。


その【免疫機能(細胞)】が、ガン化した細胞を『身体の異物(悪いもの)』と認識して退治してくれるおかげで、私達の身体は健康に守られている訳です。


ここで私は1つ、疑問が出て来ました。

『ガンになる人とならない人の違いは何なのだろうか?』と言う事です。


私なりの見解でお話ししてみたいと思います。




ガン細胞VS免疫細胞

免疫細胞について

私の『ガン発症』の疑問

ガンの発症について

免疫細胞 VS ガン細胞(1)

免疫細胞 VS ガン細胞(2)

ガン患者は健康な人の2倍食べる!






サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ