免疫細胞 VS ガン細胞 (1)

私の身体の中で行われた【免疫細胞 VS ガン細胞】は見事、免疫細胞が勝つことが出来ました。


肝臓がん末期との闘病生活は約1年8ヶ月でした。

この間、私の身体の中で何が起こっていたのか?! 知るよしもありません。


闘病生活を終えたある日、私は書店でガン関連の本を見ていた時、
『ガン細胞 VS 免疫細胞』と言う戦争に例えて書かれていた書籍に、偶然にも目が留まりました。


興味を持ちながら読んだ感想は、
『ガン細胞 VS 免疫細胞は、私の闘病そのものだ。』と思いました。

(本の題名、出版社名までは記憶していませんが。)


ガン細胞は、身体に必要な栄養を奪って成長(増殖)する病気で、
車に例えると『ブレーキが利かない(壊れる)暴走車』と言われています。


しかし、どんな癌でも最初は1個のガン細胞から始まると言われています。

その1個のガン細胞が1回分裂すると2個になります。

2回分裂すると4個。3回で8個、4回で16個と倍々に細胞分裂を繰り返して成長して行きます。


そして、5回、6回、7回・・・、
ガン細胞が27回分裂するとガン(腫瘍)の大きさは約1cmとなり、
ガン細胞の数は約1億個以上にもなると言われています。


更に30回ではガン(腫瘍)の大きさは約3cmと成長して、
ガン細胞の数は約10億個以上の数に成長する事になります。


そんな中、身体の免疫細胞も必死でガン細胞と闘っています。


免疫細胞は、顆粒球、マクロファージ、リンパ球などで、
特にリンパ球が癌を攻撃する中心的な役割を担っています。


また、それぞれの免疫細胞は互いに情報伝達を行い、ガン細胞(塊)に対して各々戦闘態勢を整えます。





『ガン細胞VS免疫細胞』トップ






サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ