ガンの発症について

ガンを発症してもガン(腫瘍)が増殖期・末期と成長するまでには、
個人によって違いはあるようですが、以下のような見解があります。


ガンの発症から増殖期まで




この見解から考えると、私はガンの発症から増殖期・末期まで
長い年月をかけて成長したのか?!と思います。


私が肝臓がんの告知を受けたのは、2004年3月ですから、
上記から考えると発症は約15年前、私が40歳の時になります。


しかも私の病状はいわゆる『末期』で、
余命宣告(3ヶ月)を受ける末期がん患者となってしまいました。


末期と言うと治療法も限られ、私は病院の治療を諦め、
私なりの方法(代替療法)で身体の免疫力を高めて末期ガンと闘う決心をしました。


いわゆる【ガン細胞 VS 免疫細胞】の戦いです。


負ければ『死』と言うイチかバチかの決断でした。


そんな末期ガンとの闘いは、想像以上に厳しいものとなりましたが、
約1年8ヶ月の末、肝臓がんの腫瘍は消滅していました。




『ガン細胞VS免疫細胞』トップ






サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ