私の『ガン発症』の疑問

以下、『ガン発症』について、私なりの疑問を挙げてみます。


■私達の身体の中では一日数千個ものガン化する細胞が発生していると言われていますが、
血液1gの中に約数十万個のガンを攻撃する『NK細胞』や『KT細胞』がいる事を考えれば、
ガン化する細胞は全て全滅させることが出来るのでは?!


■逆に全滅させることが出来ないと言う事は、体内でガン化する細胞の数は
『数千個』では無く、『数万~数十万個』という数も考えられると思いますが…。


■ガンを攻撃する『NK細胞』や『KT細胞』も1個1個の細胞なので、寿命があると言われています。
と言う事は、新たに生まれて来る『NK細胞』や『KT細胞』の質の低下も考えられると言う事なのだろうか…。


■あるいは自分自身の細胞がガン化することを考えると、
ガン化した細胞が正常な細胞と巧みに偽って、免疫細胞が『異物(悪い)』と認識出来ないと言う事も考えられるのでは?!


等の疑問が思い浮かびます。





『ガン細胞VS免疫細胞』トップ






サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ